聴き方講座

この講座では、話を聞きながら何かを適切に判断したり、考えをまとめるために必要な「聞き方」と相手の話をリードできる積極的な「聴き方」を、わかりやすく解説し、実践で使えるように、練習します。

相手の、言葉にならない気持ちや心の状態を言語以外のサインで認識することができるようになると、より深いコミュニケーションをとることができるようになります。

カウンセリングやコーチングの「聴く」技術を、日常のコミュニケーションに使えるようになるためのプログラムです。

kiku

「聴く」「聞く」を使い分けることができれば、
どんな場面でも、どんな相手にでも「信頼」され「愛される」ことができます。

例えば、あなたが母親や学校の先生で話を「聞く」だけでなく「聴く」ことができれば、子どもや、生徒の話したいことがうまく言えるようにサポートすることができます。

「聴く」ことができれば、お母さんに「話してみよう」先生に「相談してみよう」と相手に信頼され愛される人になります。

もし、あなたが営業の仕事をしていたり、会社でリーダーをしているのであれば、お客様や部下の話の中から、真意を引き出し、話をリードすることができます。

「聴く」ことが上手にできれば、あなたから「買いたい」や、あなたが言うから「やってみよう」と言われる人になります。

あなたが、病院の先生や、カウンセラーで「聴く」ことを意識すれば、アイコンタクトや心地良い距離を保ちながら、相手がより多く話せる安心できる空間や時間を作ることができます。

「耳で聞く」だけでなく「心を傾けて聴く」ことができれば、どんな場面でもどんな相手にでも効果的なコミュニケーションをとることができます。

講座のお申し込みはこちらから