大切な「思い」を伝えるノートを使ってエンディングライフ作りを支援しませんか?

心のどこかにある「終活への思い」を無理なく自然に「見える化」できる、それがマンダラエンディングノート®です。

マンダラエンディングノートとは、資産の一覧や保険の内容を書き留めておくといった、単なる個人の遺言帳のように使うだけのものではありません。

自分の「思い」をノートに込め、その「思い」を共有することで自分や家族、周りの身近な人の「今とこれからをしあわせに生きる」ノートです。

「よりよく死を迎えるためのノート」としてだけでなく「これからどうしあわせに生きるか」が見えてくるノート。

そこが、他のエンディングノートとは違うマンダラエンディングノートの最大の特徴です。

「マンダラエンディングノート」はコミュニケーションツールだと私は思います。このノートは、ただの情報を残すノートではありません。
人と人とが気持ちを伝え合う道具として、100年を生きる私たちのために作られたノートです。
心豊かなエンディングライフ作りを支援したいあなたが、90分で必ず書き上げることのできるエンディングノートを使ってセミナーを開催できるスキルが身に付きます。

私たちと一緒に「人生の地図」を描く支援をしませんか?エンディングライフ支援の専門家のあなたも、専門家ではないあなたも、大切な人の力になりたいという思いは同じ。

マンダラエンディングノートファシリテーターとして、人生の地図を描く支援をしませんか?

福岡ファシリテーター養成講座日程 

2020/1/25(土)10:00~18:00受付中受講料他詳細とお申込み
2020/2/23(日)10:00~18:00受付中受講料他詳細とお申込み

会場:都久志会館